DatachainのインターオペラビリティPJ「YUI」、世界最大級のブロックチェーンOSSコミュニティHyperledgerのLabsプロジェクトに 

by Motoki Yoshida June 7th, 2021

株式会社Datachain(本社:東京都港区、代表取締役:久田 哲史、以下、Datachain)がこれまで開発を進めてきたインターオペラビリティプロジェクト「YUI(ユイ)」が、「Linux Foundation」が運営する業界横断的なブロックチェーンの技術推進を目的としたオープンソースの協同的な取り組みであるHyperledgerにおいて、Hyperledger Labsとして承認されました。 

今後、Datachainでは、インターオペラビリティプロジェクト「YUI」の研究開発を進めると共に、Hyperledgerコミュニティとの連携を深め、国内外の企業へのインターオペラビリティソリューションの提供を推進してまいります。


「YUI」のHyperledger Labsプロジェクト化について

Datachainは、これまでブロックチェーンのインターオペラビリティに関する研究開発を行なってまいりました。この度、これらの成果を元に、弊社CTOの木村 淳( https://github.com/bluele )を中心にインターオペラビリティプロジェクト「YUI」を立ち上げ、オープンソースとしてHyperledger Labsのプロジェクトに承認されました。今後、「YUI」はHyperledger Labs( https://www.hyperledger.org/participate/labs )のプロジェクトとして、さらなる発展を目指していきます。

YUI

「YUI」は、日本語の「結」を語源としています。

「YUI」では、複数ブロックチェーン間におけるアプリケーション開発やコミュニケーションを可能にするためのモジュールやミドルウェアを提供しています。ブロックチェーン間の通信プロトコルとしては、IBC(*1)を採用しています。また、Hyperledger Fabric、Hyperledger Besu、Cordaといった主要なエンタープライズ向けブロックチェーンに対応しています。

「YUI」の技術を活用することで、複数のブロックチェーン間において、トークン転送やDvP(*2)決済を含むアトミックスワップ等の連携が実現できるようになります。具体的には、デジタル通貨・地域通貨等の決済領域、STO(*3)・国際貿易等の決済関連領域、NFT(*4)等の複数のブロックチェーン基盤間での取引が発生する領域等、さまざまなシーンでの応用が期待されます。

「YUI」のHyperledger Labs紹介ページはこちらです。

*1 IBC:Inter-blockchain communication protocolの略称。Interchain FoundationおよびCosmosプロジェクトによって策定が進んでいる、ブロックチェーン同士の相互運用性を担保するための仕様標準。
*2 DvP:Delivery versus Paymentの略称。証券等の権利の引渡し(Delivery)と代金の支払い(Payment)を、一方が行なわれない限り他方も行われないようにすること。
*3 STO:Security Token Offeringの略称。有価証券をブロックチェーン上でトークン化して資金調達を行なうこと。
*4 NFT:Non Fungible Tokenの略称。代替不可能なトークン、デジタル上における権利の証明等に用いられる。

今後について

今後、Datachainは、インターオペラビリティプロジェクト「YUI」の研究開発を進めると共に、Hyperledgerコミュニティとの連携も深め、国内外の企業へのインターオペラビリティソリューションの提供を行なってまいります。

なお、Datachainは、IRISnetの開発を行なうShanghai Bianjie AI Co., Ltd.と共に、2021年6月8日〜6月10日に開催されるHyperledger Global Forumにおいて登壇します。「YUI」のご紹介も予定しておりますので、是非ご参加ください。

https://hgf2021.sched.com/event/j3cz

Follow us on twitter to get more updates: @datachain_en