Datachain、Hyperledger Besu対応のIBC ModuleをOSSとしてリリース

by Motoki Yoshida May 18th, 2021
Hyperledger Besu

株式会社Datachain(本社:東京都港区、代表取締役:久田 哲史、以下、Datachain)では、エンタープライズ向けにブロックチェーンのインターオペラビリティに関する研究開発を行っており、これまで様々なソリューション開発や実証に取り組んできました。

今回、エンタープライズEthereumクライアントHyperledger Besuにおいて、IBCを用いた異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティを可能にするモジュールをOSSとしてリリースしました。

これにより、例えば、Hyperledger Besuを用いて構築されたデジタル通貨・NFT・STO・地域通貨などのプロジェクトにおいても、異なるブロックチェーンとの連携が可能になります。

Datachainでは、今後も、さまざまなブロックチェーンや既存のシステムが相互に連携可能な世界の実現を目指してまいります。


Datachainでは、「データがつながるをあたらしく」というミッションのもと、さまざまなブロックチェーンと既存システムが相互に連携可能な世界の実現を目指し、インターオペラビリティ領域を中心に研究開発を進めています。

今回、その一環として、エンタープライズEthereumクライアントHyperledger Besuと他のブロックチェーン基盤をIBC(*1)を用いて接続するためのモジュールをOSSとしてリリースしました。Hyperledger Besuに対応したIBC Moduleを用いることにより、Hyperledger Besuを活用したシステムが、他のブロックチェーン(例、Hyperledger Fabric)との間でインターオペラビリティ(相互運用性)を実現することができます。

Hyperledger Besu対応のIBC Moduleは、現在Apache2.0ライセンスで提供されており、当モジュールを利用したプロジェクトも予定されております。

Hyperledger Besu対応のIBC Moduleの詳細につきましては、こちらのリンクをご覧ください。

Medium: https://medium.com/@datachain/besu-ibc-a4588b29aa79
GitHub: https://github.com/datachainlab/ibc-solidity

なお、今回公開したIBC-Solidity Moduleを用いることで、Hyperledger Besuだけでなく、同じくエンタープライズEthereumクライアントとして世界的に利用されているQuorumに対応することも可能です。

また、本取り組みについては、2021年6月に開催される「Hyperledger Global Forum 2021」のセッションにて発表を予定しています。

Event detail: https://sched.co/j3cz

Datachainでは、今後も、さまざまなブロックチェーンや既存のシステムが相互に連携可能な世界の実現を目指してまいります。

*1 IBC:Inter-blockchain communication protocol。Interchain FoundationおよびCosmosプロジェクトによって策定が進んでいる、ブロックチェーン同士の相互運用性を担保するための仕様標準。